手の甲のシワにヒアルロン酸注射

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニックです☆

今回は、最近ご相談が増えてきています「手の甲のアンチエイジング(若返り)」・ヒアルロン酸注射についてご紹介致します。

手の甲は顔同様に年齢が出やすい部位と言われています。

手の甲のこんなお悩みありませんか?

手の甲のしわが若い時と比べると目立つ

手の甲の血管が浮き出ているように見える・腱が目立つ

手の甲のボリューム・ハリが無くなり、骨ばっているように見える

 

 

手の甲のシワ・腱・血管が目立つようになる理由

真皮・皮下組織(皮下脂肪)の減少

顔と同じく、手の甲も表面から順に「表皮→真皮→皮下組織(脂肪)→筋肉→骨」という層で構成されています。

このうち、加齢に伴って、真皮のボリューム・皮下組織のボリュームが減少してしまいます。特に「真皮のボリュームの減少」は大きな理由の一つです。

 

真皮のボリュームが減少する??

一番表の層にあり、私たちが目で見ることが出来る「表皮」の内側にある層が真皮層です。この真皮層はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった物質で構成されています。
この真皮層を主に作っているコラーゲンやヒアルロン酸は、お肌のハリ(ボリューム)や潤い、弾力を保つために非常に大切な成分です(化粧品などにもよく配合されています)。

この真皮層は、単純に加齢に伴う減少も起こるのですが、それ以外に大切な要素として「活性酸素」が原因で減少するということがあります。

活性酸素って何?

活性酸素という言葉を聞いたことがあるでしょうか?テレビなどでは「体をさびつかせる原因」というような紹介をよくされていますよね。呼吸によって酸素が体内に入るとその酸素を使い、運動するためのエネルギーを作り出すのですが、使われなかった酸素は体の中で「活性酸素」に変化をします。この活性酸素悪い部分だけではもちろんなく、ウィルスなどから体を守るという良い面もあるのですが、美容という面で見ると、体の中の細胞をさび付かせ、細胞自体を老化させてしまうという面もあります。
活性酸素を増やさないのが一番なのですが、その方法としては、

保湿をしっかりする
ストレスをためない
タバコを吸わない
紫外線予防をきっちりとする

このあたりが本当に大切なことです!しかし、お顔の保湿や紫外線ケアはきちんとされる方が多いのですが、なかなか手の甲をきちんとケアしているという方は少ないのが現状です。

まずは保湿紫外線ケアから始めましょう!

 

手の甲ヒアルロン酸注射でふっくら・若々しい手の甲に!

手の甲のシワや腱・血管が目立つのは、手の甲の皮膚のボリュームが減少することが大きな原因となっているという事を説明しました。

それを改善するための施術が「手の甲ヒアルロン酸注射」です!

手の甲ヒアルロン酸注射の方法

カウンセリング

担当の医師が、現在の手の甲の状態を診察させて頂きます。どの程度の本数が必要なのか、どのように注入していくのか、副作用は何があるのかなどについて詳しくご説明いたします。ご不明なことやご不安なことがありましたら、何でもお気軽にご相談下さい。

②写真撮影

術前の状態をカルテ記録用に撮影させて頂きます。

③施術

主に手の甲の凹んでいる部位へヒアルロン酸を注入し、全体的にふっくらと見える(凹凸が目立たない)事を目的として施術を行います。

具体的には、手の甲の腱と腱の間が凹んで見える方が多いですので、ここの部位にゆっくりとヒアルロン酸を注入していきます。

カニューレという特殊な針を使用することで、まんべんなくヒアルロン酸を必要な部位に注入することが出来ます。

④術後説明・お冷やし

施術後は、内出血予防のためにお冷やしをさせて頂きます。また、お冷やしの間若しくはその後に担当のドクターより施術後の注意事項をご説明させて頂きます。

当院でヒアルロン酸注射を始めて受けられる方には、きちんと術後の注意事項をまとめた書面を説明の上、お渡し致しますので、ご安心ください。

手の甲へのヒアルロン酸注射の痛みは?

当院で使用しているヒアルロン酸製剤には、「リドカイン」という麻酔の成分が含まれています。そのため、注射をするときにはチクっとしたお痛みがあるかもしれませんが、ヒアルロン酸製剤に含まれる麻酔が効いてきますので、そこまで心配されなくても良いかと思います。また、針先が丸い「カニューレ」を使用して注入することや、「麻酔クリーム」や「笑気麻酔」を使用することでお痛みを軽減することが可能です。痛みが心配な方はカウンセリングの際にご相談下さい。

手の甲に適したヒアルロン酸は?

手の甲におすすめのヒアルロン酸の製剤としては、「なめらかで馴染みやすい」ヒアルロン酸が適していると考えています。そのため、当院でおすすめのヒアルロン酸といたしましては、

ジュビダームビスタボルベラXC

ジュビダームビスタボリフトXC

この2種類の違いとしては、唇に多く使われている「ボルベラXC」の方がよりなめらかで馴染みやすいです。

ただし、ボリフトXCの方が持ちが良い(完全吸収までの期間が約半年程度長い)という特徴がありますので、最終的には患者様のご希望をお伺いし、「どの製剤」を「どの程度使用するか」をカウンセリングでご相談しながら決めていきます。

手の甲ヒアルロン酸注射のリスク

手の甲に限りませんが、ヒアルロン酸を注射することで、いくつかのリスク・副作用が起こる可能性があります。

内出血

腫れ・痛み・かゆみなど

特に、内出血については、できる限り起こさないようにお冷やしをしたり致しますが、注射をする施術である以上、どうしても起こる可能性があります。軽いものであれば1週間程度、強く出てしまった場合は2~3週間程度続く可能性があります。

内出血を起こりにくくするために

しばらくは体を過度に温めることは控えてください。具体的には、施術当日は入浴は避けて頂き(シャワーはOKです)ます。岩盤浴や熱いお風呂に長時間入るのは1週間程度控えてください。また、お家に帰られてから内出血に気づかれた場合、アイスノンなどで冷やして頂くことも効果的です。

手の甲ヒアルロン酸注射のダウンタイム

施術時間 1~2本:15分程度
麻酔 皮膚の冷却、場合によっては表面麻酔クリームを使用します
腫れ 針を刺した部分や、注入部分に赤みや腫れが生じる事があります
傷跡 針の傷跡はすぐに消失します
通院 なし
お薬 なし
メイク 注入部位を避ければ当日より可能です
シャワー 注入部位を避ければ当日より可能です
その他 注入部のマッサージ・日焼けは避けて下さい

 

手の甲ヒアルロン酸注射の料金

ジュビダームビスタボルベラXC 1本(1ml)・・¥70,000-
ジュビダームビスタボリフトXC 1本(1ml)・・¥50,000-
ヒアルロン酸手技料(手の甲)・・¥5,000-
カニューレ使用・・¥2,000
※残ったヒアルロン酸製剤は、半年間クリニックで保管を致します。その間にご来院頂きましたら、保管している製剤を手技料(部位により異なる)のみで再注入させて頂きます。
※価格は2020年7月5日現在の価格となります。
※表示している価格は税抜き価格となります。

手の甲のヒアルロン酸注射なら大阪梅田の当院へ☆

最後までお読みいただき本当に有難うございました。手の甲は、普段隠さない部位なので、どうしても気になる方が多いようです。大阪梅田のプライベートスキンクリニックは、丁寧なカウンセリングと、適正価格でヒアルロン酸注射施術に大変多くの患者様にご来院頂いております。手の甲 ヒアルロン酸 大阪でお探しの方は、まずは当院へお気軽にご相談下さい!
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております☆

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F